自動車保険には等級というものがあります。自動車保険の等級制度とは、自動車保険の契約者の事故歴に対応する形で、保険料の割引・割増をするものです。自動車保険に加入する場合は、これらの等級について知っておくようにしましょう。

等級制度について

自動車保険の等級は20段階に分けられているため、1から20まであります。一番初めに車を購入して自動車保険に加入する時は、6等級から始まることになっています。ただ、契約条件によっては、7から始まる場合もあります。数字が大きくなることは等級が高くなることを意味していて、高いほど割引率が高いですし、低いほど割引率が低くなります。1から3の場合は割引されるのではなく、割増になってしまいます。また、前の契約がない時に年齢条件によっては、6や7であっても割増になることがあるので、注意するようにしましょう。割引率が下がったり、割増になったりすると、当然、保険会社に支払う保険料は高くなってしまいます。

事故を起こした場合の等級の変動

事故を起こした場合は、基本的には3つ下がることになっています。例えば、車を他人にケガをさせてしまって対人賠償保険を使った時、他人の車に自分の車をぶつけてしまい、対物賠償保険金を支払った時、自宅の壁に車をぶつけてしまって車両保険を使った場合などです。また、自然災害などでは1つ下がることになります。台風でキズがついて保険を使った時や、盗難にあって保険を使った時、らくがきされて保険を使った時などです。ノーカウントの場合もあります。個人賠償責任保険を使った場合や、原付きが人にぶつかってファミリーバイク特約を使って保険金が支払われた場合、記入被保険者や家族が車に乗っている時にケガをして人身傷害、搭乗者傷害保険を使った時などです。また、ノーカウントの事故以外は、年に複数回保険を使うと、複数回分カウントされて等級も落ちますし、その分だけ保険料も高くなりますので、気をつけるようにしましょう。

自動車保険の等級と事故について

自動車保険に加入する場合は、等級と事故歴の関係について知っておくようにすることが大切です。保険料もこれらによって上がったり下がったりしますので、しっかりと知っておくようにしましょう。

About